無理はしなくてもいいんです!印象を良くするために知るべきこと

人付き合いをする中で、嫌な人だと思われるよりはいい人だと思われたいと誰もが思うのではないでしょうか。その方が、楽しく生活できそうですよね。そのため、人からの印象が気になるという人は、かなり多いのではないかと思います。

そういう私も、ずっと人からどう見られているかを気にしてきました。相手の反応を見て、さっきのはまずかったかもしれないとか、さっきのは良かったかなとか、いろんなことをつい考えてしまいます。ですが、いろいろ試してみる中で気づいたことがあるんです。それは、自分が無理をして相手に合わせたり、本当の自分とは違う自分を演じようとしたりしたら、結局自分が追い詰められるということです。

無理をすると、どうしてもそれが続かなくなることがあるんですよね。しかし、人からの印象を良くするということは、少しの間頑張ればそれで終わりというものであはりません。例えば高校入試などであれば、試験の日程は決まっていますから、ここがゴールだというように先が見えるので、合格するまでは少々の無理ができるということもあるかもしれませんね。

しかし、人との付き合いの場合、ここがゴールだという期間が決まっていません。会社の人とであれば、自分が退職するか、相手が退職するかするまで付き合うことになります。それが仲のいい人や近所の人との付き合いだったら、それこそ一生涯かけての付き合いになるかもしれません。

無理をして付き合っている場合、その期間が長くなればなるほど、無理をしているといつか疲れがたまって力を抜きたくなる時が来ます。そうなったとき、あれ?今までと急に変ったんだけど、と思われる方が問題ですよね。そこで、人からの印象を良くする中で考えなければいけないのは、無理はしないということなんです。

つまり、大きく変わろうと言っているのではなく、自分らしくいる中でほんの少しの工夫でできることについて考えたいというのがこのブログです。そのため、これはできないというようなことを無理して勧めるつもりはありません。それをしても上手くいかないことは私自身が経験してわかっていることですので、誰もができるようなことで印象をよくする方法について考えていきたいと思っています。

それを考えることなく、人からよく見られるためあれもしよう、これもしようと思うと、それは自分を追い詰めることになってしまいますよね。それに、あれこれし過ぎるとかえって上手く全てのことに注意を払うことはできないかもしれません。そうなると、なんだか中途半端な感じになることもあるのです。

結局のところ、無理をするとそれが伝ってしまうので、自然体でいる必要があるということですね。そこで考えたいのは、自分がどういうところなら変えることができそうなのかを意識することです。全部を変えようとするのではなく、これならできそうだということを探してみることが一番だと言うことですね。そのために、どんなことができるのかについて見ていきたいと思います。

≪人からの印象を気にする前に、まずは自分をよく知ろう≫

人からの印象を良くしたいと思った時、みなさんはどのようなことから始めようと思いますか?話題豊富になるためにニュースのチェックを欠かさないとか、見た目の印象も大切だからファッションにこだわるとか、いろんな方法を思い浮かべるのではないでしょうか。

もちろん、それらを楽しんでできるのであれば、そういうのもいい方法ですよね。本人が楽しんでいることは、周りにも楽しそうに伝わるものです。そういう意味では、例えば趣味の習い事をすることで共通の趣味を持った友達ができれば、より話しやすいかもしれませんね。そういうところでなら、印象を気にすることなく自然体で話すこともできるでしょう。また趣味でお金が必要なのであれば→http://golden-zipangu.jp/sokujitu/こちらのサイトからお金を借りるのがお薦めです。

しかし、そういう風に楽しく参加できるところだけではないですよね。例えば地域の集まりとか、職場とか、子どもがいらっしゃる方なら保護者の集まりとか、いろいろな年代や性格の人と一緒に行動しなければいけないことも出てきます。そういう集まりの時には、苦手な場面だから参加しないでおこうということができないこともありますよね。

そういう時には、自分の好きなことの話だけでその場に溶け込むのは難しいこともあります。そういう時のことを考えて、いろんな場面に対応できるようにしておきたいものですよね。そこで、反対のことを言っているように聞こえるかもしれませんが、人からの印象を良くするためには、その前にまず自分のことをよく知った方がいいということが言えます。

なぜかというと、性格に合わないことをしても、自分らしくないことだとどこかで無理が出てしまうからです。例えば人からの印象をよくするためには笑顔が大切だと言われても、笑顔を作るのは苦手だと言う人もいますよね。私自身経験がありますが、緊張していたら笑えないこともありますし、笑顔がひきつることもあります。

そうなると自分でそれがわかってしまうので、かえって自信なさそうな行動になってしまうんですよね。そういう時は、無理に笑顔を作るのではなく、会話の仕方に気をつけることで印象を良くしてみようとか、自分に合った方法を考えることもできるのです。つまり、自分がどういうところが苦手か、またはどういうことが得意かを考えることによって、苦手なことで無理をせずに印象を良くする方法を考えることができますね。

得意なことであれば、そんなに力を入れて頑張らなくても、ちょっと意識するだけで変わることができるということになります。得意な部分に関しては、人からの印象がいいと思えるようであれば、苦手な部分を少し変えるという考え方もできますよね。

結局、無理をしているとそのことで自分が疲れてしまって、長続きしません。人付き合いはその場で終わるものではなく、ずっと続いて行くことなので、長く続けられ、いずれはそれが自然なことになって行くようなことを考えるのが一番です。

何もかもする必要は無いので、自分のできそうなことを気をつけたり、いいところがあるのなら少しだけ苦手なことに取り組んだりしながら、無理をせずに印象を良くする方法を考えてみましょう。

slide

人からの印象を良くするためには無理をしないことが一番です!

人からの印象を良くしようと無理をしても、それが原因で萎縮したりすると余計に印象が悪くなってしまいます。そこで、無理をせずに誰にでもできる方法を続けることが大切だと言えるのです。

slide

人目を気にするあまり、自分らしさを失わないようにしましょう!

人からの印象が気になると、つい相手に合わせ過ぎてしまうことがあります。そうなると自分らしくいられなくなるので、自分らしくいていいんだということは意識しておきましょう。

slide

親しき仲にも礼儀あり!冗談のつもりの言葉に気をつけよう

親しき仲にも礼儀ありと言われるように、親しい中でも言っていいこととそうでないことがあります。言ってはいけないことはどのようなことなのかをまとめました。

slide

どれくらいが心地いい?相手との距離の取り方を考えよう

人との距離の取り方と言うのは、しさしさの度合いによってどれくらいが心地いいのかが変わってきます。相手との関係を考えながら付き合い方を考えられるといいですね。